「自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成」の手順書

ワークショップ:新講座公開しました!

準備するもの:
自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成

  • デザインボード
    ※canohaで使っているのは「ブレスレットデザイナー デザインボード(内径13~19cm)」です。
    参考:https://canoha.theshop.jp/items/10803748
    これがないと非常に作りにくいです。
  • オベロンゴム(細い繊維状のものを束ねて1本のゴムにしたもの。4重にしてブレスレッド作ります)
  • 細いワイヤー(「0.24mm」の太さを主に使っていますが、天然石の穴の大きさによります。8cm位に切って2つ折りにしておきます)
  • クリップ
  • ハサミ
  • メジャー(手首の内径を図ります)

作り方:

  1. ブレスレッドに仕立てたい天然石やビーズ、ロンデルなどを用意します。
  2. 手首内径をメジャーで使って測ります。
    ※一番細いところと、少し太くなったところを図り、その中間の太さで制作すると良いでしょう(14〜16cmの間なら「15cm」にすると身につけたときに圧迫感がなくちょうどいいです)
  3. オベロンゴムを約1mの長さに切ります。
    自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成
  4. 作りたい内径サイズ部分に、天然石などを配置していきます。
    自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成
  5. 配置が完了したら、最後にバランスを確認します。※内径サイズによって、規則正しく配置できない場合がありますが、身に着ける時にどこを正面にするか自由に決められますので、あまり気にしなくても大丈夫です。
    自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成
  6. 配置が完了したら、オベロンゴムに天然石たちを通していきます。
    まずはオベロンゴムを2つ折りにし、それをさらに2つ折りにします。
    輪っかの方に、2つ折りにした方(2重になっている方)にワイヤーを引っ掛けます。
    自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成
  7. もう片方(1重輪っかと切りっぱなしのオベロンゴムが2本)をクリップで挟みます。
    ※クリップの端を5〜8cm位残しておきます。
    もう片方(1重輪っかと切りっぱなしのオベロンゴムが2本)をクリップで挟みます。 ※クリップの端を5〜8cm位残しておきます。
  8. スタートする場所は「穴の大きなビーズ(もしくは天然石)」のすぐ隣がベストです。
    ※もしほぼ全ての天然石やビーズの穴が細いようなら、ロンデルからスタートすることをおすすめします。こうすることで、結び目を簡単に隠しやすくすることができます。
    スタートする場所は「穴の大きなビーズ(もしくは天然石)」のすぐ隣がベストです。 ※もしほぼ全ての天然石やビーズの穴が細いようなら、ロンデルからスタートすることをおすすめします。こうすることで、結び目を簡単に隠しやすくすることができます。
  9. ワイヤーには2本一緒に通します。
    ワイヤーには2本一緒に通します。
  10. オベロンゴムに天然石を通していきますが、ワイヤーを天然石が少し通り過ぎたところで、ワイヤー近くのゴム部分を持ち直します。
    ※ワイヤー部分を持ったまま天然石を引っ張ると、ワイヤーに引っ掛けているゴム部分が切れてしまう可能性があるので、気をつけてください。
    オベロンゴムに天然石を通していきますが、ワイヤーを天然石が少し通り過ぎたところで、ワイヤー近くのゴム部分を持ち直します。 ※ワイヤー部分を持ったまま天然石を引っ張ると、ワイヤーに引っ掛けているゴム部分が切れてしまう可能性があるので、気をつけてください。
  11. 1つ目の天然石やビーズは、クリップまでしっかり流していきます。
    1つ目の天然石やビーズは、クリップまでしっかり流していきます。
  12. 2つ目以降も同じようにワイヤーに入れてクリップ部分まで流します。
    ただ4重のゴムに流していきますので、歪み(1本だけぴょこっと出てしまうとか)が生じる場合があります。
    2つ目以降も同じようにワイヤーに入れてクリップ部分まで流します。 ただ4重のゴムに流していきますので、歪み(1本だけぴょこっと出てしまうとか)が生じる場合があります。
  13. 歪みが生じた場合、ゴムを引っ張るなどして一つ一つ丁寧に直します。
    歪みが生じた場合、ゴムを引っ張るなどして一つ一つ丁寧に直します。
  14. 全ての天然石・ビーズをゴムに通していきます。
    全ての天然石・ビーズをゴムに通していきます。
  15. クリップをそっと外します。
    クリップをそっと外します。
  16. 2重のわっかに、1重のわっかをくぐらせます。
    両手が使えるように、ゴムの根元をクリップで抑えます。
  17. 両手が使えるように、ゴムの根元をクリップで抑えます。
    両手が使えるように、ゴムの根元をクリップで抑えます。
  18. 天然石・ビーズを全て寄せ直していきます。
    ※この時に歪みが生じる可能性があります(1本だけぴょこっと出てしまう等)。慣れないうちは1粒ずつ丁寧に寄せていきましょう。
    天然石・ビーズを全て寄せ直していきます。 ※この時に歪みが生じる可能性があります(1本だけぴょこっと出てしまう等)。慣れないうちは1粒ずつ丁寧に寄せていきましょう。
  19. 全て寄せ終えたら、両手にゴムを持ちます。
    ※片方には、二本のゴムを。もう片方にはわっかのゴムを。
    全て寄せ終えたら、両手にゴムを持ちます。 ※片方には、二本のゴムを。もう片方にはわっかのゴムを。
  20. わっか側のビーズを、二本のゴムの方に寄せていくと、隙間がなくなります。
    わっか側のビーズを、二本のゴムの方に寄せていくと、隙間がなくなります。
  21. 最後に、固結びをします。
    ※慣れないうちは、力加減がつかめず、この時点で切れてしまうこともあります。ご注意ください。
    わっか側のビーズを、二本のゴムの方に寄せていくと、隙間がなくなります。
  22. 0. 3〜5mm位のところで切ります。
    0. 3〜5mm位のところで切ります。
  23. 結び目を天然石・ビーズの中に入れ込みます。
    どちらかに、穴の大きな天然石・ビーズがあれば、そちらに結び目を入れ込むのが簡単です。ただ脱着する時に結び目がよく出てくるようなら、もう一方の穴の小さな天然石・ビーズに結び目を入れてみましょう。
    結び目を天然石・ビーズの中に入れ込みます。 ※ どちらかに、穴の大きな天然石・ビーズがあれば、そちらに結び目を入れ込むのが簡単です。ただ脱着する時に結び目がよく出てくるようなら、もう一方の穴の小さな天然石・ビーズに結び目を入れてみましょう。
  24. 完成です。
    完成です。