今月のアーティスト(2017年4月):bicco tacco

 アーティスト(作家)名:

bicco tacco(ビッコタッコ)

どんな作品を作っていますか?

シンプルでかわいらしい、上品な作品を制作していらっしゃいます。

bicco taccoさんの作品

基本的にはレジンで作成されていますが、色は毎回調色しているので、作品により微妙に色合いが異なるそうです。でもその微妙な色合いがたまらないんですよね(^ ^)。bicco tacco(ビッコタッコ)さんの作品はクリア(透明)なものもあれば、マットな質感のものまであります。色合いは微妙に違えど、世界観はそこに存在しています。

bicco taccoさんの作品

ちなみに「ビッコタッコ」とは、東北の方言ということが判明。調べたら「左右非対称」でした。なるほどーーー!たしかに作品の多くはアシンメトリーですね(^ ^)。今更納得ですw。

 

 

アーティストの前は(もしくは並行して)何をしていましたか?

オーディオ関連企業で、プロダクトデザインをされていたとのこと。オーディオ関連とは、インタビューをさせていただいた日に初めて知りました。オーディオといえば、スピーカーとかヘッドホンとかでしょうか。か、かっこいいです。

ハンドメイド作品づくりのきっかけは、お勤めをされながらだったそうです。産休中に好きなものづくりをはじめられ、お子様を出産されてからは「月1度はなにかしよう!」という気持ちで活動を積極的にされていったそうです。お二人のお子様がいらっしゃるとうかがいました。子育てをしながらイベント準備&参加はとっても大変だと思います。。が、そこは「好きなので」というお言葉でかたずけられました。そうなんですよね。「好き」ってとーっても大きな原動力なんですよね。

 

あなたにとって、ハンドメイドとは?

・・・といきなり質問をさせていただいたところ、そうですよね。大抵は考えますよね(不躾な質問ですみませんでした(⌒-⌒; ))。「いきがい。楽しくしてくれるもの」。そうですよね。楽しくなければ続かないでしょね。お話する中で、ここではいろいろ共感できることが多く嬉しかったです。

 

お客様に伝えたいこととは?

「この作品を手にとっていただけた方が、ワクワク&ちょっぴりハッピーな気持ちになれますように」という気持ち。canohaとも共通していました。「普段使いできる上品なアクセサリーを身につけてハッピーを感じて欲しい」。はい、bicco taccoさんの作品を身につけると、そんな気持ちになります(^ ^)。

 

趣味はなんですか?

つくること。普段はあまりできていませんが、あみものやミシンがけも好きとのこと。うーん、あみものや布小物の作品もぜひ見てみたいです(^ ^)。

 

お客様へ一言。

bicco taccoの作品をぜひ楽しんでください(^ ^)。

 

 

ご本人からはあまりお話されていませんでしたが、bicco taccoさんの作品は、最近では主催者側のほうから出店や委託販売依頼が入ることが多く、ほとんどが早いタイミングで売れてしまいます。お値段も作業の手間暇(工数)を考えると非常に優しい価格設定で「これが本当にハンドメイド??」と作品を手にした方の多くは感じると思います。

先日のcreema丸の内ストリートマーケットでも初日の夕方には棚いっぱいに並んでいた作品がほぼなくなり完売状態だったようです。

bicco taccoさん

 

そんな作品が、canohaで紹介できるなんて、本当に嬉しいですし、その作品を毎日眺められるなんて、幸せです(^ ^)。

canohaでの発売は、4月早いタイミングを予定してます。その頃にはディスプレイのドライフラワーも新たなものに変わっていますので、雰囲気がまた違いますよ(^ ^)。

ぜひ、canohaへお越しいただき、ドキドキ・ワクワクを感じてくださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

関連URL

Instagram : https://www.instagram.com/design.biccotacco/

Creema : https://www.creema.jp/c/biccotacco/

Facebook : http://www.facebook.com/biccotacco