今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)

今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)

アーティスト(作家)名:

Shirokanipe(シロカニペ)

どんな作品を作っていますか?

「季節に寄り添う」をテーマに、いろいろな素材を使って主に耳飾りを作成しています。主に糸・レジン・ビーズ・天然石・真鍮・花etc.といった素材ですが、それらを組み合わせて季節を感じられるような色合い・デザインを考えお作りしています。また、素材を引き立たせるためにシンプルに仕上げることも大事にしています。

と、Shirokanipeさんからコメントいただきました(^ ^)。このShirokanipe(シロカニペ)というお名前。意味をうかがったところ、アイヌ語で「銀のしずく」だそうです。名前の響きも意味も素敵ですね。
Shirokanipeさんとの出会いは、装花草庵さん「お正月飾りのスワッグ」ワークショップにご参加いただいたことがきっかけでした。その時に少しお話をさせていただいて、この荻窪に住まれていたことがあるということ。店主も織りをするのですが、Shirokanipeさんも織りを数年にわたってされているとのこと。何よりも印象的だったのが、Shirokanipeさんがご参加された回の参加者全員が荻窪在住経験がおありで、共通点も多々あったこと!もー、その会は荻窪&昔話に花が咲いていましたw。とっても印象的だったので覚えています。
その時にShirokanipeさんが制作されたスワッグがこちらです↓
お正月飾りのスワッグ
ShirokanipeさんのInstagramから写真をお借りしました。もーInstagramをみていただくとわかるのですが、撮影がとてもすばらしく、Shirokanipeさんの世界観がそのまま表現されています。はー、いつみても素敵です(^ ^)。
実は、Shirokanipeさんのことはワークショップの前に装花草庵さんからお話をうかがっていたのと、お花のイヤリングを身につけてご来店いただいたことがありましたので、存じておりました。その時から、Shirokanipeさんの作品。もっとみてみたいなーと漠然と思っていたのですが、ワークショップの時にお会いして、Instagramでお写真をみるたびに、気持ちが高まってきましてw。
今年に入り、canohaで作品をお取り扱いさせていただけないか相談したところ、ちょうどご予定の隙間だったため、ご快諾いただくことができました!本当にタイミングがよくラッキーでした🎶ありがとうございます!
今回canohaでお預かりしている作品は、インタビューにもあるように、レジン、アンティークビーズ、天然石、真鍮など、Shirokanipeさんがこだわりぬかれた材料をつかって、上品で宝石&ジュエリー感ただよう作品ばかりです。ここからは写真で一部ご紹介いたします。
<かすみ草フープ・イヤリング/ピアス>
花言葉《清い心》
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<スターチス・タタリカ・フープイヤリング/ピアス>
花言葉《変わらぬ心》
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<アゲラタム・フープイヤリング/ピアス>
花言葉《幸せを得る》
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<アマランサス・フープイヤリング/ピアス>
花言葉《粘り強い精神》
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<ヴィンテージ・スワロフスキー
パープルチェーン/・イヤリング/ピアス>
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<淡水パール・チェーンイヤリング/ピアス>
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<ステッチロング・チェーンイヤリング/ピアス>
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<タッセル・イヤリング/ピアス(オフホワイト/ベージュ/ライトグレー>
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
<ガラス・ロングブレスレット>
<淡水パール・ブレスレット>
今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)
以上が、3/5(月)現在、canohaでお預かりしている作品になります。
ただ、すでにお客様の元にいきました作品も多数ございまして、ピアスのみ、イヤリングのみの作品もでてまいりました。きになる作品がございましたら、ぜひ店頭でお手にとってご覧ください🎶
ここからインタビューに戻ります(^ ^)。

アーティストの前は(もしくは並行して)何をしていましたか?

大学図書館で司書として働いていました。その後は、番組制作会社でDVD制作の事務をしていました。

司書さんだったとは!そしてそのあと、全く違う業界。いろいろとお出来になりますね(^ ^)。となると、これからも作品の幅を広げられていくのでは?と勝手に想像しておりますw。

ただ、Shirokanipeさんは単に幅を広げることよりも、お客様が喜んでいただける作品のために幅を広げられると感じています。今回、準備をいろいろと二人でさせていただきましたが、canohaディスプレイテーブルへの陳列はShirokanipeさんにお任せさせていただきました。その過程を拝見していて、作品へのこだわり、お客様への配慮などなど多々勉強させていただきました。ありがとうございます!

今月のアーティスト(2018年3月):Shirokanipe(シロカニペ)

 

 

あなたにとって、ハンドメイドとは?

アクセサリーだけに限らないのですが、自分の手で何かを生み出すという「もの作り」は、私にとって日々の暮らしの中でゆっくりと流れる丁寧で豊かな「時間」です。完成した時の喜びはもちろんですが、使って下さる方や、または家族、友人といった誰かを想いながら手を動かして没頭する、その過程をとても大切に思っています。

そうした時間の積み重ねが暮らしを形作り、私の心を満たして支えてくれるものとなっています。

 

趣味はなんですか?

機織りとピアノです。

店主ととても話があいそうですw。私も機織とピアノを習っていましたw。嬉しい共通点です。

 

canohaのお客様へ一言

ちょっと街に出れば既製品で可愛いものはたくさんあります。でも、ハンドメイドという人の手で作られたものならではの、温もりや想いが作品を通して少しでも伝わればと思っています。

桜の季節の訪れとともに、暖かな日のお出かけがふえると思いますので、春の装いに沢山ご活用頂けるお気に入りの一点を見つけていただければと思っています。

ステキなメッセージをありがとうございます(^ ^)!
これから一ヶ月。どうぞ宜しくお願いいたします!