刺し子のお勉強のため、福岡へ 〜図案引き&針刺し etc.〜

刺し子のお勉強のため、福岡へ 〜図案引き&針刺し etc.〜

こんにちわ。

今週はお休みを利用して、福岡にいってまいりました。

6/7(木)、8(金)はcanohaお休みさせていただきます

目的はいくつかありましたが、メインは刺し子のお勉強。

なかなか東京には刺し子を教えていらっしゃる方がおらず(探し方が悪いのかもしれませんが)、どうしたものか・・・と思っていたら、インスタで知り合った書籍も出されている刺し子をされていらっしゃるhakoさんと出会いました。この半年、ずーっとインスタでやりとりはさせていただいたのですが、お会いするのは今回が初めて。長身ですらっとしたとーっても素敵な方です🎶

まだワークショップまで時間があるということで、ランチをご一緒させていただくことに。

ランチ

福岡はお魚はどこでも、なんでも基本的に美味しいとうかがって、ワークショップ会場の近くのお店やさんにはいったところ、Picのお魚たちがどーーーんと桶に入って登場。びびりましたw。焼き、煮付け、揚げの中から調理方法を選んで、たくさんの小鉢が付いてなんと1,000円。お、お得すぎます。。

腹ごなしをしたあと、早速公園の目の前の長めの良いお部屋でワークショップ開始。今回はcanohaの為にプライベートレッスン。本当に感謝でございます!!

まずは一番できなかった図案引きからスタート。hakoさんが日頃使っている道具なども教えていただきながら「なるほどーーーー!!!」そうすればよかったんだー!と目から鱗。また、日頃から疑問になっていたことを矢継ぎ早に質問。嫌な顔ひとつせず、丁寧に教えていただきました。本当にありがとうございます!!中でも糸の差し始めと差し終わり。こ、これは。。私のやり方は間違っていなかったにしても、それ以上に綺麗にしたてる方法を教えていただきました。早速自分でためしてみなくてはっ!

刺し子の図案引き

 

そしてこちらも教えていただきたかった「針山」。こちらでは初めて糸を潜らせる、という体験をしました。こうやって針を進めていくんだーとここでも大収穫。本を読んでもいまいちピンとこなかったのに、hakoさんの教えにしたがってすすめていくと、スムーズにできました(^ ^)。その大きな要因は、用意してくださった手順がとてもわかりやすかったということ。どんな方でもできるよう、説明を簡潔に。手順も必要最低限にしてくださっているためだと思います。

刺し子:一目差しの針山

 

そのワークショップ中に、いろいろと雑談もさせていただきました(^ ^)。作家活動で困ったこと、人にどうやって伝えることの大切さ、そして!!hakoさんと私。同い年でしたー🎶しかも!今年から東京にこられた学生1年目の娘さんは、同じく文化服装系。はー。。共通点がたくさんあって、驚くと同時に嬉しいし。ご縁だなーと思いました。あ、そしてお洋服もこのひかぶっていました🎶

 

これからcanohaでは、刺し子の新しいワークショップを開催すべく、hakoさんから教えていただいたことをベースにcanoha流にアレンジ&新設していきますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

canohaでの刺し子の最終目標は、伝統的な刺し子を追求していくのではなく、「新しいものとのコラボ」をご提案&考えるきっかけを提供できればと思っています。例えば、バッグに刺し子をさしてみる、スカートに刺し子をワンポイントに差してみる・・・など。店主がやりたいことなんですけどねw。

 

アイデアは、全く新しいものはなかなか自分では生み出せないものです。何かと何かを結びつけて、新しい何かを生み出す。そういうものだと思っています。この辺りは後日別のブログで記載できればと思っています。

 

重ねて、hakoさん。本当にお忙しい中ご準備&お時間を作っていただきありがとうございました!独学で費やす時間を省いてくれ、短期間のうちに技術習得させていただきました。ワークショップ。本当にありがたいです。。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です