お気に入りがcanohaにやってきました:KOMAの1000gのスツール

KOMA SHOPの1000gのスツール

こんばんわ。

数日前、通いつめていくうちにどんどんファンになってしまった、無垢家具を制作&販売されているKOMAさんの1000gのスツールが、canohaにやってきました(^ ^)。

そもそもKOMAとは?

実は私も数ヶ月前まで存在すらしりませんでした(すみません。。)。

環8と青梅街道が交差する四面道の交差点近くに、以前ボルタリングができる場所があったんですが、そこが駅前に移転して何が次入るんだろう??と関心を持っていたら、突然工事が始まって「KOMA Furniture」の看板が。「ほー、ここに家具ですかー!」とアンティーク&ミッドセンチュリー家具好きで目黒、青山、碑文谷、自由が丘・・・・などなど結構毎週末ショップ通いしていた私としてはさらに興味津々w。

去年の12月は店内を覗いても開店の気配なく。。1月に入って店頭まで足を運んでみるもオープンしている様子はなく。1月末にオープニングセレモニーがあったようで、その翌日か翌々日にやっと店舗に足を踏み入れることができました(^ ^)。

無垢家具:KOMA

中をはいってびっくり。ボルタリングのあの空間が、天井高のコンクリート打ちっ放しの開放感満載の家具ショップに大変身。し、しかもとても上質。一目で「あぁ。ここは簡単に手が出せない作品ばかりだわね」と思った記憶がありますw。

お相手してくれたのは、ショップ店長の松岡さん。生後数ヶ月の赤ちゃんを抱いていらっしゃいました。は、働きながらお店で接客とは。尊敬です。。

KOMAさんは昨年まで西荻窪に店舗を構えていらっしゃったとのこと。品そろえ拡大とともに、広い店舗を探していたところ、この物件が目に止まったそうです。たしかに。大きな1枚板が何枚も立てかけておける高さと入口。こんな店舗はあまりないですよね。

いろいろお話をうかがっているうちに、数週間後に店舗内でカッティングボードのワークショップがあるとのこと。!!カッティングボードを自分で作れるの??是非canohaでアクセサリー展示ように作りたい!と思って即申し込んだのを覚えています。

ただ・・・。私があまかったです(^◇^;)。ワークショップ。軽くみていました(すみません)。。

無垢家具KOMA:カッティングボードワークショップ

まず服装が「汚れてもいいかっこうで」。たしかに汚れてもいい格好だったのでよかったのですが、これ、見落としていました。。また最初に配られたワークショップの工程表を見てもまだピンときていませんでしたw。実際に初めて見ると、、ハ、ハ、ハード(^◇^;)。腕が筋肉痛になりましたw。

なぜかというと。大体の形は電動カッター(?)で形づくるんですが、ここからヤスリを使ってひたすら削る、削る、削る・・・。こうやってスベスベ感を出していくのかー、と大変さを知りました。

無垢家具KOMA:カッティングボードワークショップ

ウォールナットのカッティングボード。こうなりました。くじらみたい(^ ^)。お気に入りです。いまcanoha店内にいますが、どのタイミングででてくるか、これから楽しみです。

無垢家具KOMA:カッティングボードワークショップ

このワークショップでは、KOMAの職人さんたちが指導してくださいました。このワークショップを通じてどんな工程が家具作りにはあるのか、どんな方達がつくっているのか少し垣間見ることができたと思います。そこからです。KOMAさんのファンになったのは。

今は少しよくなってきたのですが、右腕を少し痛めてしまって、あまり力をいれることができません。そこに「1000gのスツール」が目に止まり座ってみたところ「ん?安定感ある?」。持ってみたところ「!!か、軽い!」。木目も「かわいい」。スツールの足も「スベスベ!」・・・いいかも。。

KOMA:ウッドデザイン賞受賞作品「1000gのスツール」

そこからです。何度か店舗にお邪魔して、妄想を膨らましていきました。

そして数週間。「いつか欲しい」という思いが残りました。で「いつか」だったら、「いま」のほうがいいでしょ、という結論にいたり、注文させていただきました(^ ^)。

KOMA:ウッドデザイン賞受賞作品「1000gのスツール」

数週間後、ご連絡をいただき、完成したスツールを取りに伺いました!!もう軽いので、そしてcanohaも近いのでお持ち帰りしたほうが都合がよかったので、スツール片手に道を歩く。とっても新鮮だったので思わず写真をとっちゃいましたw。

KOMA:ウッドデザイン賞受賞作品「1000gのスツール」

こんなところや。

KOMA:ウッドデザイン賞受賞作品「1000gのスツール」

店先でもw。

KOMA:ウッドデザイン賞受賞作品「1000gのスツール」

そして店内に到着!ブルーの壁紙にあう!

KOMA SHOPの1000gのスツール

シルエットも、改めて気がつきましたw。アンティークテーブルとも合うw。

KOMA:ウッドデザイン賞受賞作品「1000gのスツール」

納品前ですが、お忙しい中、店長の松岡さんはおこさまたちと一緒にcanohaにご来店いただき、店内の様子をみてくださいました。お気遣いありがとうございました!

 

1000gのスツール。こらからどんどん活躍しますよー(^ ^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です